21円案件の太陽光発電で元がとれるのか!?

FIT21円から太陽光発電を始めました!なんとか売電開始することが出来ましたが、果たして本当に元がとれるのでしょうか・・・?

公庫から申込み書が届く

日本政策金融公庫から封筒が届きました。

融資申込み書と事業計画書の用紙などが入っていました。

 

・・・事業計画書?

なるほど、金融公庫はあくまで事業計画にお金を貸すのであって、一般の銀行や信用金庫のように、車の購入や住宅ローンなどで利用する機関ではないようです。

太陽光発電も、あくまで事業ということでどの程度収益を上げられるかを示す必要があるようです。

そんなことはまったく考えていなかったので、事業計画書を見たときには面くらいましたが、施工業者からもらったシミュレーションを元に書くとさほど大した作業ではありませんでした。しかし・・・、

 「なぜこの事業を始めようと考えたのか」

という項目には少し悩みましたが、自宅の屋根の太陽光発電で収益が出ており、産業用の太陽光発電でも収益が出ると判断したと、正直に書くことにしました。これで融資が通りやすくなるかどうか分かりませんが、今思えば環境のためとか書いておくと良かったように思います。後の祭りですが(--;

 

その他として、詳細な見積りを返送して欲しいとありました。これは施工業者に依頼することとします。あと必要な書類として、太陽光発電の設備認定、事業計画認定、農地転用の書類、系統連係についての書類などが求められました。

必要な書類については、施工業者にメールで問い合わせることにします。

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村 太陽光発電のノウハウはここで得られます!


太陽光発電ランキング 太陽光発電の人気ブログランキングへ

 


《公式》タイナビ発電所はココ!土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト

【タイナビNEXT】法人・産業用太陽光発電一括見積りナビゲーション

一括見積りで複数社を比較、太陽光を最安値で導入したいなら【グリーンエネルギーナビ産業用】