21円案件の太陽光発電で元がとれるのか!?

FIT21円から太陽光発電を始めました!なんとか売電開始することが出来ましたが、果たして本当に元がとれるのでしょうか・・・?

なんとか来年度もFITは続くようですが・・・


来年度のFITについて新たなニュースです。

 

太陽光買い取り価格、さらに下げ 18年度20円弱に

 経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、太陽光発電のさらなる価格引き下げに乗り出す。2018年度にも産業用の買い取り価格を現在の1キロワット時21円から同20円弱とする見通しで、数年かけて10円前後を目指す。再エネの導入拡大に向け国が手厚く支援してきたが、今後は競争を通じ、民間で自律的に市場を拡大していくよう促す。

                        元ニュース「日本経済新聞」

 

記事はこの後も続き、日経新聞の会員しか見られないようになっていました(^^;

気になったので無料会員で登録し、全文を見てみました(・∀・)

 

全文を引用するのはルール違反だと思うので、気になったポイントだけ。

 

>太陽光の普及が進み、入札制が多い独仏、米国などは1キロワット時あたりの太陽光発電による電力価格は5~10円が相場で、日本の半分から4分の1と低い。経産省が太陽光発電の導入費用を調べたところ、日本は1キロワットあたり約30万円と欧州の2倍に上る。

 

だから、もっと頑張って欧米のように導入価格を下げなさいよ。FITを10円以下に下げるから、それに対応できるくらい導入価格を下げなさいよ。

ということみたいです。まあ、想定内です。

 

来年度(18年度)のFITは20円弱ということで、今までの下がり具合から恐らく

FIT18円になりそうですね。

1割強も売電価格が下がるということは、導入価格を1割強下げる必要があります。

土地代が今より急に1割安くなることは考えられないので、上物だけでコストを下げる必要が出てきます。

 

やはり今年度中に、できる限り太陽光発電を稼働させるのが得策ですね。

少し先が見えてきて、来年度を見据えた計画が立てられそうです。

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村 太陽光発電のノウハウはここで得られます!


太陽光発電ランキング 太陽光発電の人気ブログランキングへ

 


《早い者勝ち》太陽光発電物件
土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト
ココでしか手に入らない物件多数掲載中!