21円案件の太陽光発電で元がとれるのか!?

FIT21円から太陽光発電を始めました!なんとか売電開始することが出来ましたが、果たして本当に元がとれるのでしょうか・・・?

今年最後の発電量と、トータル発電量は!?

とうとう今年最後の発電が終わりました!


太陽光ブロガーの皆さん、見ていて下さる皆さん、施工販売業者の方々、太陽光システムの皆さん今年一年お世話になりましたm(_ _)m
来年からは本格的に発電が開始になります。

どうぞ来年からもよろしくお願い申し上げます。

 

さて、まずは大晦日の今日の発電量です。
発電結果は以下の通りです。
1.第一発電(第2案件)、初期費用1590万円
2.FIT21円案件、システム容量78kw、仰角5°
3.天候 雨のち曇りのち晴れ
4.発電量 121kWh
5.売電金額 2541円
6.概算利回り 5.8%

 

午前中は小雨で、午後から曇りのち晴れになりました。
それでこの発電量なら満足です!

 

気になる12月のトータルですが、12月6日から売電を始めて、計26日間の合計は・・・
1.発電量 3991kWh
2.売電金額 83811円
3.平均概算利回り 6.6%

 

・・・なんとも微妙な結果ですw
12月ということを考慮すると、こんなものでしょうか。


ちなみに、26日間で83811円だったので、26で割ると1日辺り3224円になります。
これを売電が始まる前の1~5日分に充てると、3224×5=16120円です。
順調にいくと、83811+16120=99931円の売電収入が12月だけであったと考えられます。

 

月々の返済は117000円なので、17069円ほど手出しが必要になります。
シミュレーション通りに行けば、春から夏にかけての売電で十分賄えますが、余裕が出るまでになるかはまだ分かりませんね(-_-)

 

本来の適正価格が10円/kWhということを考えると、今のFIT21円とかほんとうに恵まれていますよね。来年度はFIT18円(19円?)に下がりますが、他の投資(事業)と比べてまだまだ有利だと言えます。


この2~3ヶ月は不動産、特に中古アパートの経営について勉強していましたが、太陽光発電がどれだけすぐれたシステムかが改めて分かりました。空室リスクが無いというのは、本当に大きいですね!(・д・)

 

ただ、太陽光発電も来年度が採算の十分に取れる限界だと考えています。再来年度からはアパート経営若しくは貸家の投資(事業)にシフトして行く予定です。マンションは購入金額が安い物が多いのですが、共益費や修繕積立金、立て替えや管理組合のことなど、問題点が多いので今は見合わせたいと思います。今後時間ができたら、太陽光発電と不動産の比較を具体的に提示してみます(・∀・)

 

それでは皆さま、よいお年を!(^_^)/

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村 太陽光発電のノウハウはここで得られます!


太陽光発電ランキング 太陽光発電の人気ブログランキングへ

 


《公式》タイナビ発電所はココ!土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト

【タイナビNEXT】法人・産業用太陽光発電一括見積りナビゲーション

一括見積りで複数社を比較、太陽光を最安値で導入したいなら【グリーンエネルギーナビ産業用】