21円案件の太陽光発電で元がとれるのか!?

FIT21円から太陽光発電を始めました!なんとか売電開始することが出来ましたが、果たして本当に元がとれるのでしょうか・・・?

太陽光パネルの洗浄をすると、どれだけ効率が良くなるのか?


以前から本格的な太陽光パネル洗浄を考えていましたが、この度正式に導入することにしました!


「本格的な」と言いながら、ポリッシャーを導入するまでの採算は見込まれませんので、洗浄自体は手作業になります(´・ω・`)

 

それでも一通りの道具を揃え、きちんと検証をした上で取り組んで行きたいと思っています。
草刈りの顧客の方からの依頼がすでにあるので、道具はすでに揃えています。

 

 

ガラス面を洗浄する道具はこれら一択で、特に迷う必要はありませんでした。


同じような商品で、価格が安く品質の悪そうな商品があったので、商品説明と口コミから高い方を選択しました。

 

太陽光パネルを洗浄するうえで一番重要なことは、ウォータースポットを作らないことです。ウォータースポットが出来てしまうと、見た目にも悪いだけでなく発電量にも少なからず影響を及ぼすことでしょう。また、一度ウォータースポットが出来てしまうと、完全に除去することは困難です。

 

水道水を使って洗浄すると、しっかり水を切らない限りは必ずウォータースポットは出来てしまいます。車の洗浄で経験された方もいらっしゃると思いますが、水道水にはカルキが入っているので、水道水が蒸発するとカルキだけが残ってしまい、それがウォータースポットとなってしまいます。

 

そこでケルヒャー社のRM99の出番です。この洗浄剤を水道水に添加することで、ウォータースポットが出来にくくなるという、画期的な商品なのです!


・・・とはいえ、私自身が使ったことはありませんので、まずは自分の発電所でその効果をしっかりと確認してみたいと思います。あと、このRM99を使用することでウォータースポットの生成が抑えられるとしても、水切りは当然に行います。あくまで予防的な側面と、洗浄効果を期待してこのRM99を導入することにしました。

 

作業を実施する際には晴天の日中を避けるなどして、急速な乾燥を防ぐことでもウォータースポットの生成を防いでいきたいと考えています。

 

さて、太陽光パネルの洗浄の是非ですが、本当にパネル洗浄をした方が良いのでしょうか・・・?

 

タイトルに、「太陽光パネルの洗浄をすると、どれだけ効率が良くなるのか?」と書いていますが現時点での私の答えは、ケースバイケースでかなり汚れているケースであれば5分~1割程度は発電量が向上するのでは?という考えです。

 

太陽光発電所をお持ちの皆さんは、20年間の発電シミュレーションと収支計算をされていると思います。そこで、発電効率の劣化を概ね0.5%で計算されている方がほとんどだと思います。これだと20年間で10%発電効率が低下することになりますね。この計算は結構正確で、実際には0.25%~0.5%程度の劣化という実測を目にします。

 

ただし!これには汚れによる発電量低下は含まれていません。正確には、含まれていたり含まれていなかったりすると思われます。


と言うのも、私の経験則上パネルの角度が15度以上あれば、汚れは雨によって落ちていきます。逆にパネルの角度が10度以下であれば、雨が降っても汚れは結構残ってしまいます。


全国の太陽光発電所のアレイ角度の平均が何度か分かりませんが、今まで見てきた感じだと概ね15~20度程度だと思います。ということは、ほとんどの太陽光発電所におけるパネルの汚れは雨で洗い流されています。

 

しかし、残念ながら10度以下の太陽光パネルというのも以外に目にするもので、それらのパネルには汚れが多く堆積しています。

 

f:id:taiyoukoux:20190217125856j:plain

この写真は今回ご依頼のあった方のパネルですが、土汚れと鳥の糞とでパネル全体が薄汚れた感じに見えます。

 

地面に直置きのパネルということもありますが、私が所有している5度のパネルでも結構な汚れが堆積していました。汚れはこの箇所だけでなく、広範囲に広がっていました。

 

これらの5度や10度といった低角度で設置された太陽光発電所において、その汚れは尋常ではないことがお分かりになったと思います。


これらの汚れによってどの程度発電量が低下するかですが、私がいくつかのサイトで調べた限りでは、パネル洗浄することによって発電量が10%~18%程度増えたという記事を目にしました。


年間200万円の売電収入がある発電所だとすると、概ね年間20万円以上のロスとなります!

 

もちろん汚れの程度や年間売電収入にもよりますが、その年間発電ロスは見逃せるものではないと考えています( ゜Д゜)

 

この冬雪下ろしをすることで、汚れが落ちて一石二鳥だったという記事をいくつか目にしました。確かに雪下ろしをすることで雪に付着した汚れが落ちて、パネルは綺麗になると思います。ただ、パネルに傷が付くことが気になりますし、鳥の糞などの油汚れはあまり取れないと思います。鳥の糞の油汚れはホットスポットの原因となり、パネル破損に繋がりますので、早期に取り除くことが大切です。

 

この洗浄作業ですが、低圧の発電所1基辺り2万円で請け負う予定にしています。交通費が別途必要になりますが、これらの外注作業は経費に組み込むことができますので、実費としては2万円程度で収まります。

 

発電ロスの程度を計算してみて、費用対効果が見合うようでしたら是非ご用命頂けたらと思います!

 

毎年でなくとも、2~3年に1度は洗浄する価値は十分にあると考えています。また、アレイ角度が15度以上の発電所であっても、汚れが目立つ場合はぜひご検討下さいm(_ _)m

 

山口県の産業用(野立て)太陽光発電専門、激安除草代行・雑草対策サービス!

業界最安値の、坪単価64円~! 低圧太陽光1基1.9万円~

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村 太陽光発電に関するブログが集まっています!



太陽光発電ランキング 太陽光発電の人気ブログランキングはこちらから!