21円案件の太陽光発電で元がとれるのか!?

FIT21円から太陽光発電を始めました!なんとか売電開始することが出来ましたが、果たして本当に元がとれるのでしょうか・・・?

太陽光発電融資において商銀信用組合は使えるのか!?


前回に続き、融資系の話です。

 

太陽光発電の融資を受けるにあたり、「信販会社」、「銀行系」、「日本政策金融公庫」の3通りがあり、そのメリットやデメリットを今までお伝えしてきました。

 

その中の「銀行系」ですが、細かく分けると「銀行」、「信用金庫」、「信用組合」、「労働金庫」の4つに分けられます。それぞれ根拠法や業務範囲が違うという特徴があるのですが、そこは今回は割愛します。というか、ググれば分かりやすい表が出てきますので、それをご参照下さい(^^;)

 

昨日の話になりますが、山口県太陽光グループの方より、某信用組合の紹介を受けました!
こちらの信用組合ですが、太陽光グループの集まりにも参加されたりと、太陽光発電融資に積極的な信用組合ということは耳にしていました。

 

ただ、融資対象が法人に限るということでしたので、法人を立ち上げていない私としては二の足を踏んでおり、法人を立ち上げてから連絡を取ろうと思っていましたが、今回の接触はその矢先のことでした・・・

 

太陽光発電を初めた2年前では、融資を受けられるのは信販会社しか考えておらず、それもせいぜい1案件しか受けられないと思っていました。それが信販会社でも2~3件は受けられるのが一般的だと知り、さらに銀行や信用金庫でも融資が受けられると分かり、どんどん事業拡大の目処が付いていきました( ゜Д゜)

 

今までの人生では、銀行系と言えば「銀行」か「労金」しか付き合いがなく、「信用金庫」や「信用組合」といった所は別世界で、一生縁もゆかりも無いと考えていました。ただ調べていくと、中小企業が事業を拡大していく上ではこれらの信用金庫・組合との付き合いは欠かせないものであり、太陽光発電事業を拡大していく上でも重要なパートナーだということが分かりました。

 

今の段階では、信用金庫と信用組合の違いも曖昧で、信用組合の方が組合員に限定しているくらいしか分かっていません。信用金庫でも組合員登録を求められましたが、その金額は1万円~3万円程度でした。それらの金額で組合員になれ、融資が受けられるのであれば安いものだと思います。

 

信用組合は組合員登録が必須なようですが、その金額は未定です。今日は、支店長さんとお会いする予定ですので、信用組合について色々とお話を聞けたらと思っています!

 

信用金庫と信用組合。それほど大差は無いとたかをくくっていますが、意外な違いなどあればまたお伝えしたいと思います(^-^)ノ

 続きはこちら↓

www.taiyoukou.work

山口県の産業用(野立て)太陽光発電専門、激安除草代行・雑草対策サービス!

業界最安値の、坪単価64円~! 低圧太陽光1基1.9万円~

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村 太陽光発電に関するブログが集まっています!



太陽光発電ランキング 太陽光発電の人気ブログランキングはこちらから!