21円案件の太陽光発電で元がとれるのか!?

FIT21円から太陽光発電を始めました!なんとか売電開始することが出来ましたが、果たして本当に元がとれるのでしょうか・・・?

電子契約の有用性について ~印紙代と手間が大幅に減ります~

今まで自分の人生において、「収入印紙」というものに殆どお世話になることはありませんでした。

以前は3万円以上の商品を購入すると領収書に200円の印紙が貼られていましたが、平成26年4月よりそれが5万円以上に引き上げられました。そんな高い買い物、なかなかしませんしね。

 

ただ、契約書を交わす際に必要になるので、太陽光発電をされている方々であれば収入印紙は見慣れている物だと思います。私も太陽光発電の契約や、土地の契約書などでこの2年間は何度も目にしてきました。

 

目にしてきたにも関わらず、あくまでこれまでは「貼られている収入印紙に判を押す」だけで、自分で収入印紙代を負担していないので、その金額がいくらであろうがまったく気になりませんでした( ゚Д゚)y─┛~~

 

それが昨年の12月から除草作業の請け負い契約を始めた関係で、私もこの「印紙を貼る側」に回ってしまい、印紙について知識を得る必要が出てきました。

 

印紙についての知識がある方や、正しい知識を得ようを思われる方は、この先は読み飛ばして下さい。簡単なことしか書いていませんし、細かい部分での間違いもあるかもしれません。ググれば素晴らしいサイトはいくらでも出てきますので、突っ込みはご容赦下さいm(_ _)m

 

印紙が必要になる場面は様々ありますが、太陽光発電関係で言えば、「契約書」と「領収書」だと思います。印紙税は以下の通りになります。

 

f:id:taiyoukoux:20190426064620j:plain


殆どの契約書では200円の収入印紙を貼ることが多く、そのことからコンビニでは200円の収入印紙しか置かれていない所が多いと聞きます。
太陽光発電所の契約であれば、1万円~2万円の収入印紙が貼られているのではないでしょうか。

 

この収入印紙ですが、1枚や2枚であればそれほど問題ではないのですが、会社単位で考えると年間数十枚~数百枚にもなると思います。収入印紙だけでも数十万円以上の費用にもなり、無視できない金額となります。

 

印紙を貼る側に回って分かったのですが、この収入印紙ですが実は

電子書類であれば貼らなくても良い

そうなのです。胡散臭い話ではありますが、今の所グレーゾーンという訳でもなく、正式に認められていることのようです。

 

除草作業で言えば10万円代の契約になるので、400円の契約印紙税と、200円の領収印紙税が必要となります。契約書2通分を負担することを考えると、合計で千円分の印紙税が必要となります。これが必要なくなるのですから、その効果は大きいと言えるのではないでしょうか( ゜Д゜)

 

その電子契約の方法ですが、簡単に説明させて頂きたいと思います。

 

電子契約ですが、様々なサイトがそのサービスを提供しています。
その殆どが有料で、しかも月額1万円程度と結構な金額が掛かります。
私は月に1~2契約程度のペースなので、そのような負担を掛けることはできません。

 

無料の電子契約を探していると良いのが見つかりました!

GMO社の「電子契約サービスAgree」というサービスです。
こちらは月に10契約までは無料なので、私のような零細企業にはピッタリなサービスとなります。

 

必要事項を入力した後のログイン画面がこちらとなります。

 

f:id:taiyoukoux:20190426065135j:plain

1.この画面で、「契約を締結」というボタンを押します。

 

f:id:taiyoukoux:20190426065150j:plain

2.するとこの画面になりますので、Word等で書かれた契約書をこの画面にドロップします。

 

f:id:taiyoukoux:20190426065227j:plain

3.相手方の判子を押す所をどこにするか求められますので、「署名・押印」と書かれたペン先のアイコン部分を書類の方に向けてドラック&ドロップします。

 

f:id:taiyoukoux:20190426065253j:plain

4.その後、ファイルの送信をすると相手側にメールが届き、相手側がファイルを開くと、このような署名画面が開かれます。
一番左の「電子署名」判子を選んでも問題は無いと思われますが、それでは味気ないので一番右側の「今回のみの署名画面を作成」を選択してもらいます。

 

f:id:taiyoukoux:20190426065312j:plain

5.そうすると「電子署名のイメージを選択してください」と出てくるので、「印鑑タイプ」、「サインタイプ」、「手書き」のどれでも良いと思います。私は、印鑑タイプの「丸印(縦書き)明朝」をお勧めして行こうと考えています。見栄え的にこれが一番良いような気がします。

 

f:id:taiyoukoux:20190426065329j:plain

6.このように、ファイルは改ざんができないように処理されています。
書面と同じくらいの信頼性はあるように感じています。
作成されたファイルはサイト上でプレビューを見ることもできるし、PDFとしてダウンロードすることもできます。基本的にペーパーレスで管理も楽ちんです(^-^)

 

今までは封書で書類を送っていたのですが、その手間と切手代が省けるばかりか、千円程度の印紙代も節約できるということもあり、一石二鳥の状態です。この印紙代が省ける特例ですが、いつまでこの状況が続くか分かりませんので、今のうちにしっかり節税しておきたいと思います(^^;)

 

山口県の産業用(野立て)太陽光発電専門、激安除草代行・雑草対策サービス!

業界最安値の、坪単価48円~! 年間契約1基8万円~

 

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村 太陽光発電に関するブログが集まっています!



太陽光発電ランキング 太陽光発電の人気ブログランキングはこちらから!